暗号通貨【トレンド速報】

暗号通貨(仮想通貨)の最新情報をイチ早くお届けします♪ 【注】ここでは億り人に近づけるかも知れない情報を発信していきますが、何らかのトラブルに見舞われても当方では一切責任を負いませんのでご利用の際は自己責任でお願いします。

仮想通貨で借金140万”女子大生”の言い訳 – BLOGOS

      2018/05/02

Pocket


話題の「仮想通貨」で、あっという間に億単位の資産をつくった人たちがいます。一方、ブームに乗ろうと安易に手を出した結果、借金を背負うことになった「負け組」の人たちも少なくありません。それぞれの違いは何だったのでしょうか。

雑誌「プレジデント」(2018年5月14日号)の特集「金持ち家族、ビンボー家族」では、「仮想通貨で泣いた人、笑った人」という企画を展開。年末年始に価格が大変動した「仮想通貨」の保持者を追跡し、“億り人”になった「勝ち組」と借金を背負った「負け組」に話を聞きました。最新号の記事の一部をお届けします――。

■自己ルールを設定して、2年で「億り人」に!

金融業界で働く井原圭佑さん(仮名・40代)が仮想通貨の存在を知ったのは2年前。教育セミナーで知り合った投資家から紹介されたのがきっかけだった。

PIXTA=写真

「いろいろと調べた結果、その仕組みなどに共感できると思い、エイダコイン(ADA)という仮想通貨を購入しました。これはもともとカジノに特化した仮想通貨。仮想通貨が普及したらオンライン上の取引で多く使われると思い、自分にとって無理のない、73万円を投資しました」

仮想通貨は、ビットコイン(BTC)やネムのような保有者の多いメジャーなものと、井原さんが買ったエイダのような、マイナーなコイン(通称・草コイン)の2種類に分かれる。草コインはビットフライヤーなどの大手取引会社が扱うようになると、取引額が一気に増える。これを仮想通貨業界では「リストされる」と呼ぶ。株式でいうところのIPO(新規上場)のようなものだ。

エイダは、当時は安値だったが、「近々リストされる」という噂があったという。その後、井原さんは「仮想通貨の勉強に」と、1BTCが約7万円だったときのビットコインも5BTC(約35万円)購入。しばらく放置していたが、2017年秋ころ、井原さんは驚愕した。

「1BTCが約35万円まで上昇していたのです。ここで一旦利確(現金に戻し、利益を確定すること)し、約140万円の儲けがでました」

投資家の間でも仮想通貨が注目されるようになってきた。井原さんは自分なりのルールを設定し、値上がりしていたエイダの一部を定期的に利確し、リップルなど別のコインを購入するなどして、リスク分散を図った。また、井原さんは仮想通貨の専門家がICO(新規仮想通貨公開)の情報を提供する有料のオンラインサロンにも入会した。

「この世界では詐欺被害が少なくないです。だからこそ優良な情報にはお金をかけるべきと思いました」

結果、購入当時1ADAが約0.27円だったエイダは、500倍の約140円まで一時上昇。井原さんの総資産は最大で3億5000万円まで膨れ、2年で「億り人」となった。

「テレビも最新機種に買い替えましたし、ランチのときは値段を気にしなくなりました。今後は期待できるICOだけ買う予定で、基本的には不動産投資をメインにシフトチェンジするつもりです」

この記事は竹内 裕人 – BLOGOSより引用しています。

 - 記事

↓