暗号通貨【トレンド速報】

暗号通貨(仮想通貨)の最新情報をイチ早くお届けします♪ 【注】ここでは億り人に近づけるかも知れない情報を発信していきますが、何らかのトラブルに見舞われても当方では一切責任を負いませんのでご利用の際は自己責任でお願いします。

不正送金NEMを補償、一部仮想通貨の出金なども再開 – コインチェック – Security NEXT

      2018/03/14

Pocket

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コインチェックは、同社仮想通貨取引「Coincheck」において、顧客から預かっていた仮想通貨「NEM」が不正に送金された問題で、顧客に対して補償を実施した。また同日より一部仮想通貨の出金と売却を再開している。

同社は、2度目となる業務改善命令を受けた3月8日に補償方針を明らかにし、翌週をめどに実施すると発表していたが、週明け3月12日に補償を実施した。

約26万人を対象に日本円で補償を実施する。1XEMあたり88.549円のレートで計算し、同社「Coincheckアカウント」の残高に補償金額を反映させる。

今回実施された補償に対し、課税対象になる可能性があるとの見方も出ているが、同社では当局と相談を進めており、取り扱いが判明次第発表する予定。

また同日より、安全を確認できたとして「ETH」「ETC」「XRP」「LTC」「BCH」について出金と売却を再開。また「BTC」についても出金を再開している。ただし、入金と購入は対象外となるほか、出金再開にともない、これまでの送金申請はすべてキャンセルとなるため、再度送金申請を行うよう求めている。

(Security NEXT – 2018/03/13 ) ツイート

仮想通貨マイニングソフト狙うアクセスが増加 – アカウントリストを調査
金融庁、仮想通貨取引事業者7社に行政処分 – 2社には業務停止命令も
メールで複数従業員がマルウェア感染、サーバより秘密鍵が盗難 – コインチェック
「memcached」のDDoSパケット内に仮想通貨要求する脅迫文
「アカウントの資金を凍結」 – 仮想通貨取引所「bitbank」かたるフィッシング
2017年後半に「コインマイナー」検出が急増 – 「Coinhive」の影響も
仮想通貨発掘スクリプトを多数検出 – 難読化や偽装による検出逃れも
ラックとTRIART、ブロックチェーン応用した分散暗号化技術の開発で協業
仮想通貨取引所「Zaif」がBTCを0円売買 – 不具合を原因として無効化
「Oracle WebLogic Server」狙う脆弱性攻撃を12月後半より観測 – 警察庁

この記事はさいたま市より引用しています。

 - 記事

↓