暗号通貨【トレンド速報】

暗号通貨(仮想通貨)の最新情報をイチ早くお届けします♪ 【注】ここでは億り人に近づけるかも知れない情報を発信していきますが、何らかのトラブルに見舞われても当方では一切責任を負いませんのでご利用の際は自己責任でお願いします。

2017年 仮想通貨バブルの教訓

   

Pocket

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

2017年 仮想通貨バブルの教訓

くりぷと (@_CryptoBlogger)です。年が明けて、2019年に突入しました。2018年は私生活や仕事で色々と試される局面に遭いまして、後半はブログ活動が失速してしまいました。長い正月休暇で、ようやく気力と体力が回復して来た感じです。休みって大事ですね。

 

蓋を開けてみれば、2018年の仮想通貨市場は1年をかけてダラダラと縮小し、BCHのハードフォーク騒動を契機にビットコイン価格も一気に価格を下げ、まさにバブル崩壊、といった様相を呈しました。

 

改めてチャートを見ると、2017年11月以降の時価総額が全戻ししたような状況です。私のようなガチホ勢が負け、腕の良いショーターやトレーダーの方が勝った相場だったのではないでしょうか。

https://jp.tradingview.com/markets/cryptocurrencies/global-charts/

 

 

まさかここまで下げるとは。

 

去年の浮かれていた時期に、ある程度利確していれば良かった。

 

得られた教訓が多いので、メモしておきます。この実際のバブル体験は貴重です。

  • 調子に乗って原資を増やしすぎない(特にマスコミで取り上げられ始めたら)
  • 調子に乗って散財しない
  • 価格上昇の影響で世間が騒ぎ始めたら、一部利確して現金比率を高めておく。アルトコインの比率を下げる
  • 90%以上の価格下落が起こることを想定しておく
  • トレンドに逆らわない(脳死的な難平は避ける)
  • ハイレバの信用取引は避ける
  • もうはまだなり まだはもうなり
  • 大規模なGOXが起きたら、すかさず逃げる

 

2019年はBakktやETFの承認が控えており、またビットコインの機能自体も以前より良くなり、Ethereumもアプリケーションが増えてきていますから、それぞれ投資対象としては決して悪くないと思うんですけどね。

 

2017年後半は期待が先行しすぎたんでしょうね。

この期待は萎み切っていないのか、それともまだ萎むのか。

 

1年後にまた答え合わせをしましょう。ワクワクドキドキですね。

 

なお次回の記事では、MakerDAOの清算攻撃に追われ続けた、2018年後半の様子を書きたいと思います。辛かった。。。。

それでは今年一年もどうぞ、よろしくお願いします。

参考

Maker DAO利用時のメリットとデメリット/仮想通貨で低金利ローン

 - 記事

↓