暗号通貨【トレンド速報】

暗号通貨(仮想通貨)の最新情報をイチ早くお届けします♪ 【注】ここでは億り人に近づけるかも知れない情報を発信していきますが、何らかのトラブルに見舞われても当方では一切責任を負いませんのでご利用の際は自己責任でお願いします。

ビットコインネットワークの危機事例

   

Pocket

ビットコインネットワークの危機事例

昨日、「ブロックチェーンとWEB3.0」で「ブロックチェーンは改ざんが事実上不可能」と記載しました。しかし、過去に記録を巻き戻すなどの対応が取られたことがあります。

 

日経サイエンス2018年5月号で、慶應大の斉藤賢爾氏のコメントで、さらっと記載されており、その要旨を記載します。

・2010年8月の攻撃と、2013年3月のバージョンアップ不具合時、コミュニティの操作で歴史を巻き戻している

・ノードは1万程度なので、現代でも、例えばボットネットを使って数千の不正ノードを参加させてネットワークを分断するような攻撃は可能

引用改変:日経サイエンス2018年5月号

 

こちらに記載されていた過去の2件の巻き戻しについて、さらっと調べました。

 

ビットコインネットワークの危機事例

まずは1つ目。「なにかおもしろいこと」さんからの引用です。

2010年
08/15 ビットコインのバグにより1,840億BTCが偽造される

ブロック74638内に、184,467,440,737,09551616BTCを新しく作成したトランザクションが発見されました。
トランザクションの出力チェックの際にオーバーフローする場合が考慮されていないバグがあり、そこをついてビットコインが偽造されたそうです。
このビットコインの偽造が発見されてから5時間以内に新しいバージョンのクライアントが公開されました。
これによりブロックチェーンが分岐しますが、次の日に新バージョンでマイニングされたブロックチェーンが問題のトランザクションを含むブロックチェーンを追い越し、全てのノードがこれを受け入れました。

引用:なにかおもしろいこと

 

対応がスピーディーですね。当時のディスカッションの様子が下記スレッドで一部終えます。

https://bitcointalk.org/index.php?topic=822.0

 

続いて2つ目です。2013年3月の不具合。過去記事からの引用です。

ビットコインは2013年3月に、ソフトの不具合で予期せぬチェーン分岐を起こし、その価値を失いかけたことがあります。あるマイナーが新版のソフトで掘り続けていたら、後で不具合が指摘され、「新版を取るか旧版を取るか」の判断を、ネットワーク全体が迫られました。

そのような中、既に5,000ドル分以上のビットコインを掘っていた「エリュースリア」という大口のマイナーが、自分が損をする事を選びます。ネットワーク全体が信頼を失い、ビットコインの価値が無くなってしまう事を、自分が損する事で防いだのです。そちら側にインセンティブが働いた、という事です。

この状況下でバージョン0・8のブロックチェーンを存続させるわけにはいかない」。ハンドルネーム〝エリュースリア〟を名乗る、BTCギルドの運営者はこう言った。

チャットにいた開発者らは、エリュースリアが全体の利益のために犠牲を払おうとしていることに感謝した。約一時間後にようやく移行を完了させると、エリュースリアは損害を計算した。 「0・7に戻すのが遅れていたらダメージはもっと大きかったはずだ。といっても今回のフォークで一五〇~二〇〇BTC(五〇〇〇ドル以上)の損害が生じた」と書いている。  ビットコイン生態系では、ビットコイン価格は数時間で二〇%近く下落して三七ドルになったほか、ネット上にはいくつか陰気な記事が載った。

引用:デジタル・ゴールド--ビットコイン、その知られざる物語 | ナサニエル・ポッパー, 土方奈美 | 工学 | Kindleストア | Amazon

 

このようなインセンティブのシステムがあるので、ビットコインは強い。

引用:https://www.cryptobloger.com/entry/2017-07-17-223207

 

過去の2つの危機、ともに、「インセンティブ」が働いて修復された、という点が興味深いです。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 - 記事

↓